ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

新型 iPhoneの中でなら絶対にiPhone12を勧めるワケ

f:id:ryorx1104:20201016002021j:image
みなさんこんにちは。

ついにiPhone12シリーズが発表されましたね。

リーク情報通り今回は4モデルになりました。

 

 


ただ今回ROYは一目で

これはiPhone12一択では

f:id:ryorx1104:20201016004310j:image

と思ってしまったので、今回はそのあたりを話していきたいと思います。

 

弱点のなくなったiPhone。それがiPhone12

さて、今回発表されたのは

iPhone12 mini

iPhone12

iPhone12 Pro

iPhone12 Pro Max

の4モデル。


どのモデルでも共通でアップデートされたのが、通信規格とカメラ、そしてディスプレイです。


まず、iPhone12シリーズは全て5G(sub6)の通信規格に対応しています。まぁこれはキャリアでかつ対応エリアでしか受けられない恩恵ですが…


次にカメラ。割といいアップデートなのが、超広角でdeep fusionとナイトモードが使えるようになったこと。また、インカメラもナイトモードに対応しました。これは撮影の幅が広がるいいアップデートですね。A14チップの効果は偉大ということですね。

また、Dolby Vision対応HDRビデオ撮影ができるようになりました。これはまぁ、さらに高画質のビデオ撮影に対応しましたよ、ということです。

 

そしてディスプレイ。

今回は下位モデルまで含めて全て有機ELディスプレイで、解像度もフルHDクラス。撮った写真をより高精細な画面で見られるのはいいことですね。


それと変わったところで言うとMagSafe機能により、ワイヤレス充電の性能が向上しています。(ただし有線端子は変わらずLightning…)

 

 

Proを買う意味合いはより薄くなった

さて、Proシリーズはこれに加えて、望遠レンズについてもズーム倍率のアップなどが図られてますね。

 

え?Proシリーズ他にも価格差分の差があるだろって?


いや、正直ないです。マジで。

もちろん細かーくみていけば(ディスプレイの輝度とか、広角レンズの性能向上とか)あるのかもしれませんが、今回で言うと画面の大きさも12と12Proは同じ(6.1インチ)、ディスプレイも有機ELになって画素密度も同じ。バッテリー性能も一緒。

普段使いでだけ言えば違いは望遠カメラの有無と捉えてもらえれば大丈夫です。

それでいて、iPhone12はProと同じストレージ(128GB)で比較して約16000円の価格差があります。

SIMフリーモデルなら、iPhone12は128GBモデルでも税込でギリギリ10万円切る(99880円)のです。これは最近10万越えばかりのAndroidに対してかなり強いアンチテーゼになります。

 

iPhone12のライバルはiPhone12mini

ということで最高のコスパを誇るiPhone12。
ライバルとして強いて挙げるなら一緒に出たminiの存在。

f:id:ryorx1104:20201016003111j:image

第一世代のiPhoneSEを愛していた人は待ち望んだであろう小型かつフルスクリーンのiPhoneです(しかも恐ろしい画素密度)


さらに、iPhone12とiPhone12miniは軽さもイかれてます

5G対応で、5.4インチディスプレイで、133g(iPhone12 mini)とか、もう化け物でしかありません。

iPhone12に至ってはiPhone11から30g違い減量に成功(162g)。

f:id:ryorx1104:20201015015608j:image


iPhone11Pro(188g)を使っていて日々感じているのがその重さなので、そこを解消してきた12には本当に感動しました。

 

iPhone11で弱点だったディスプレイ、更にCPU性能まで上がったのに値上がりは控えめ。挙句に軽量化に成功。

 

どうでしょう?これ、iPhone12(またはmini)選択しない理由ありますかね?

 

とはいえ、iPhone11ユーザなら待ちでいいレベル

さて、こうなってくるとみんなiPhone12にすればいいとなりますが、ROYのようにiPhone11 Proなど、11シリーズを持ってる人は今回はスルーでもいい気はします。

まず5Gは日本版ではsub6にしか対応してません。いずれ普及するミリ波に対応できていないのであればあと一年待つのが無難。

そしてディスプレイ。確かに全モデル有機EL、かつフルHDクラスのディスプレイに進化しましたが、リフレッシュレートが60Hzのままらしいです。ここはバッテリー性能とのトレードオフですかね。

そして三つ目にして最も微妙なのは充電端子。そろそろLightningやめようよ…

ということでROYは来年Type-C搭載のiPhone13が出ることを期待して今回はスルーしようと思います。

 

 

いかがでしたか?

最後は色々ケチをつけましたが、多くのみなさんが求めた形になっているのは事実。

個人的な意見ですがデザインもiPhone5の頃の角ばったモデルに戻ってかっこよくなりました。

 

iPhoneXS以前のモデルを使っていて、買い替えを検討している方は普通に何も考えずに購入していいのではないでしょうか(暴言)

それでは今回はこの辺で。

ではまた( ^_^)/~~~