ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

Pixel4a(5G)。それは仕上がってるスマホ

 

みなさんこんにちは。

 

9/30日未明、GoogleがPixel5・Pixel4a(5G)を発表しましたね。

f:id:ryorx1104:20201001223312j:image

両方とも5G対応端末ということで少し期待している部分もありましたが、今回の内容を実際に見るとなんだかなー、という部分もありつつ、だったので、今日はそのあたりも含めて書いていこうと思います。

 

Pixel4aとは似ても似つかないPixel4a(5G)

ROYは少し前の記事でPixel4a(5G)のスペックはPixel4aとほとんど変わらないだろう、と予想していました。

CPUの進化については予想通りSnapdragon765G。まぁ5G対応端末というところでこれは既定路線。

しかしなんと

超広角カメラを搭載

画面サイズも6.2インチに拡大

とPixel4aで微妙とされた点を見事にカバー。

このスペックで60500円(税込)は破格と言えるでしょう。5G端末のリファレンス機として正直かなり売れそうです。お見それしました…。

 

Pixel5も差別化はしてるけど…

さて一方、Pixel4a(5G)のスペックが良さげになった影響で少しイマイチな立ち位置なのがPixel5。

Pixel4a(5G)と比べると

・メモリ(6GB→8GB)

・バッテリー(3885mAh→4080mAh)

・ディスプレイ(60Hz→90Hzのリフレッシュレート)

・ワイヤレス充電とリバースワイヤレス充電に対応

・防水対応

というメリットがあります。

が、正直74800円(税込)の方があるかは微妙というか、Pixel4a(5G)との価格差に対して価値を見出せるかが疑問。

これならやっぱりもっとハイエンドにして出してくれたほうがよかったというか、CPUをSnapdragon865さえしてくれれば完璧だったと思うのです。

というかSoliレーダーどうしたんだよ…。

またこの価格帯だと、iPhone11と競合します。Android勢の中では売れるかもしれませんが、iPhoneのシェアが世界で見ても異様に高い日本では果たしてどうなるのか。

 

なんと、Pixel4a(5G)にあってPixel5にないものが…

そしてなんと今回、Pixel4a(5G)にしかないものがあります。

それがイヤホンジャックです。

f:id:ryorx1104:20201002025551j:image

「え、今時イヤホンなんてワイヤレスじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、有線ユーザーも一定数いるのは事実。(むしろ正直防水よりもずっとニーズがあるはず)

勿論Pixel4a(5G)はワイヤレスに対応してないとかではないので、好みに応じて有線と無線を使い分けられます。割とこれは便利。

 

もうPixel4a(5G)でいいじゃん

正直、5Gが使いたいなら、コスパを考えるとPixel4a(5G)一択な気がします。

トレンドを押さえた端末としてかなり仕上がってます。

Pixel5が向いている人は、

・画面のリフレッシュレートに拘りたい

・持ってるワイヤレスイヤホンが無線充電に対応してる(Pixel5で充電可能)

という条件に当てはまる人くらいでしょう。

特にリフレッシュレートは割と使い勝手にも影響するので、気にする方は一考の余地があるかもしれません。

 

いかがでしたか?

気になる方は是非公式サイトで詳細確認してみてください!

Google Pixel スマートフォン - Google ストアstore.google.com

 

ではまた( ^_^)/~~~