ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

「シンプル」なスマホとは何か〜「シンプルスマホ5」を買ってはいけないワケ〜

みなさんこんにちは。

 

早速ですが今回はこのニュースから。

 

モトローラ、5000mAhの「moto g8 power lite」とエントリーモデルの「moto e6s」 - ケータイ Watchk-tai.watch.impress.co.jp

 

マジかよモトローラ…こんなの出すのかよ…

オッサン語りになってしまいますが、昔のモトローラは中々尖ったケータイを出していて、日本でのシェアは低いものの、海外では人気のメーカーでした。

↓のようなしっかりとデザインされたカッコイイモデルが多かったのが特徴です。

f:id:ryorx1104:20200828015204j:image

スマホになってからも、Moto zやMoto xシリーズのようなミッドハイモデルから、Moto gシリーズのような普通のミドルモデルまで、幅広い端末を売ってました。

最近は折りたたみ端末(日本未発売)も出して、往年のファンをときめかせていましたね。

Motorolaの「razr(レーザー)」が米国で“復活” 縦折りスマホとして - ITmedia Mobile

それがここに来てかなりスペックを落とした格安ローエンドの発表とは、何を考えているのでしょう…。

いや、モトローラはグローバルな企業だし、日本以外の国にも広く売り出していく上でこういう端末も必要なのかもしれない!きっとそうだ!

と、自分に言い聞かせつつ、次に目に止まったのがこれ。

これが本題。

 

“ソフトバンク”、初心者でも使いやすいスマートフォン「シンプルスマホ5」を9月4日に発売 | プレスリリース | ニュース | 企業・IR | ソフトバンクwww.softbank.jp

ソフトバンクとシャープが組んで新しいゴミスマホを発売するというニュースです。

 

売る心理のわからない酷すぎるスペック

まぁ、5.5インチの画面サイズはわかる(お年寄り向けならむしろ少し小さいか?)。

フルHD液晶も良い。

カメラもポートレートと超広角ついているのは良い。

 

問題はこのあたり(プレスリリースから抜粋)。

f:id:ryorx1104:20200826015939j:image

Bluetooth4.2を今どき積むの?

おサイフケータイないの?

外部メモリも1GB積めないの?

ROM32GB、RAM3GBってユーザー舐めてるの?

だからSnapdragon450はやめてあげて…

 

こんなものをお年寄り向けに売るから、デジタルディバイドが中々解消しないのだ、となぜ分からないのでしょうか…

それともお年寄りを金づるとしか思ってないのでしょうか…。流石ソフトバンク…

こんなものを売り捌こうものなら、

「あら、動かないわ、ショップに行こうかしら。」

「動きが鈍いねぇ…ショップ店員に聞いてみようかのう」

こんなストレスマッハ案件がキャリアショップで増えること請け合いです。ショップの人員削減に繋がるかもね!

 

 

シンプルの意味

そもそもシンプルとは、文字通り単純にしていくことです。スマホで言う単純とは、スペックを下げるのではなく、ユーザーフレンドリーな作りとストレスフリーな挙動を実現する性能にすることをさします。

iPhoneなんかはその最たる例で、Androidよりも自由度が低いものの、覚えやすいUIと操作性は初代から今に至るまで変わりません。そしてそれを支えるのは毎回世代最高峰にチューニングしてくるCPUだったり、時代に即した十二分のメモリや本体ストレージです。(メモリはAndroidとの単純比較はできませんが…)

何が言いたいのかというと、スマホというのは機能よりもむしろマシンスペックが使いやすさを大きく左右するということです。

その面で今回のシンプルスマホ5をみると、まず本体ストレージも2020年のモデルとしては少ないので使うアプリの数に割と制約がかかります。つまり常に残りの容量を考えながら使わないといけないのです。

また、スマホ業界は最近いろんなアプリが増えてきており、一般にAndroid端末においてはメモリも4GBくらい、CPUもなるべくSnapdragon630以上が推奨されています。そこを3GBメモリ、Snapdragon450にしてきた今回のシンプルスマホ5は、アプリによっては動作もモッサリするリスクがあるということです。ここも使うアプリを考えていく必要があります。

 

 

とはいえ価格で許される可能性も

とりあえず唯一許される手段としては、冒頭紹介したMotorolaのスマホと同等以下の値段で売り出すことくらいでしょうか。

コンセプトがスマホデビューなんだから、スペックも考えると2万なんて楽々切りますよね、ソフトバンクさん?まさか3万円以上なんてしませんよね?

いやほんとぼったくり価格はやめて…

 

 

 

いかがでしたか?

 

それにしても、金の亡者ソフトバンクは別にして、シャープもなぜ今このスペックの端末を作ってしまうのでしょうか。

彼らにはAQUOS sense3という国内トップランカーの端末も出しており、このあたりの端末からユーザーのニーズも分析できているだろうに…。

news.yahoo.co.jp

 

とりあえず今回はこのへんで。 

ではまた( ^_^)/~~~