ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

(東京都民向け)都知事選投票先の選び方2020

みなさんこんにちは。

もうすぐ都知事選ですね。

ROYも当日早起きして行こうかなと思ってます。

が、まだ投票先は決められてません。

こういう人、多いのではないでしょうか?

そこで今回は、ROYがいつもやっている候補者の選び方をご紹介します。

 

都知事選は候補がいっぱい

f:id:ryorx1104:20200702222104j:image

まず都知事選の特徴として、大量の候補者が出ることが挙げられます。

毎回20人近く出るので、もはや主要候補者くらいしか見なくなります。

ただ、よくよく見るといわゆる泡沫候補者にもいい人はいるんですよね。

 

 

都民の民度を測られる

そしてこれが微妙に嫌なのは、都民がバカにされることです。

知名度のある人やなんとなくのイメージで決まる傾向の多い都知事選は、他の道府県民から「東京はバカばっか」と思われる要因の一つです。

ROYの周りには、「なんで小池?」「山本太郎有力候補かよwなんでwww」みたいに聞いてくる人もいます。

 

投票先の選び方3ステップ

というわけで、作業的、かつ楽しく投票先を選別できる方法を3段階で紹介します。

一応前提として、全候補者をリストアップしておくことは忘れないでください。世帯ごとに配られる選挙広報(新聞みたいなやつ)を片手に作業すると楽です。

 

①過去の公約実績を考える

まずはこれ。1番大事です

現職や、過去に知事や議員の経験がある人に対して、直近で当選したときの公約をどれだけ達成できたかを確認してみましょう。

掲げた公約が複数あったら、そのうちどれくらい達成したのか。要はこれが「どれだけ仕事をしているのか」という評価軸になるのです。

ここで重要なのは、決して感情を入れずに機械的にやること

なんとなくのイメージで投票すると、あとで後悔します。

一応の目安は、三分の一以上の公約を達成できたかどうかでしょうか。

流石に打率3割を切る人を都知事に選んでしまうのは危険です。

 

なお、ここで「仕事ができない」と判定され、脱落した候補者は次以降の選別では不要です。

 

②今回の公約の実現性を見る

次に、公約の実現性を見ます。①では経験者しか見れないのですが、ここからは全候補者見ます。

これくらいなら実現できるかも…というものを評価するようにしてください。

ここも、やってほしいことは一旦考えなくていいです。

10個以上公約掲げるような人は面倒なので省くか、都合のいい公約だけ考えるのもありです。

逆に少ない場合は、なるべく全部考えてみましょう。

比較的シンプルなら実現可能性が高いと言えますが、「○○削減!」みたいな目標はちょっと警戒した方がいいです。

 

③思想による選別

最後に、思いっきりイメージで判断します。

左翼活動家はいや、とか、宗教的な人はいや、といったところはここで判別しましょう。

逆にいうと、①や②のタイミングでは決してこの手のことを考えてはいけません

政見放送なんかもここでようやく見たりしてもいいタイミングです。

 

しっかり選んで、後悔なき投票を

いかがでしょうか?

割とこれをやるとさらっと選べると思います。

要は面接と一緒で、イメージで判断する前に、しっかり書類選考しましょうね、ということです。

(がっつり調べても1、2時間くらいでなんとか選べるのではないでしょうか?生活への影響を考えれば、結構なコスパの良さだと思います)

中には意外な人が残る場合もありますが、それはそれで楽しくなるはず。

 

都知事選は否応なしに周囲の目が注がれます。

また、都民の方々に取っては比較的生活に直結することが多いので、

自分自身が後悔のない選択をしてまず一票入れに行くことが大事です。

納得した投票であれば、別の候補者が受かっても、「俺(私)よりもアホがたくさんいただけ」と思えばいいだけになります。

 

それでは、良い投票を!

ではまた( ^_^)/~~~