ROYの身にならない批評部屋

IT企業の社畜ROYが、思ったこと、ライフハックになりそうなこと(主にガジェット系)を綴るブログです。

これだけ押さえれば十分、WWDC2020

f:id:ryorx1104:20200623211127j:image

みなさんこんにちは。

去る6/23 2:00、Appleの開発者向け発表会「WWDC2020」の基調講演が開かれ、そこでさまざまな新発表がありました。

今回はハードの発表はなかったものの、ソフトウェア面でのかなり大きな発表があったので、「これだけ押さえておけば大丈夫」というものをピックアップして話していきたいと思います。

 

ついにウィジェットが進化、iOS14

f:id:ryorx1104:20200623211406j:image

おそらく多くの人が影響を受けるのがこれ。

iOSが新しくなります。

今度のiOSは勿論機能も拡充されますが、一番大きいのはウィジェット

なんと画面上好きに大きさを変えられます。 OSの構造上、左上から並んでいくスタイルは変わらないと思いますが、これでAndroidのような自由度をある程度確保できたのかなと思います。

あと動画を小窓で再生しっぱなしにできるpicture in pictureも便利ですね。

 

 

むしろタブレットに寄っていくスタイル、macOS Big Sur

f:id:ryorx1104:20200623210958j:image

macOSも割と大きく変わります。

簡単に言うとiOSiPad OSにアイコンや作りを寄せていく感じになるとのこと。

 

最初にジョブズiPhoneを発表した時は、Macトラックパッドに着想を得たと言ってマルチタッチディスプレイを発表しました。

いわばMaciPhoneを生んだのです。

それから10年以上経って、今度はMacの方がiPhone(やiPad)に寄ってくることになるなんて、何か時代を感じますよね。

 

 

ぼくのかんがえたさいきょうCPU、「Applesilicon」

ハードはないとは言いましたが、今後の開発方針としてはこれが一番大きい発表です。

一言で言うと「インテルのCPU使うのやめます」ということ。

ARM社というCPUのデザインをする会社のアーキテクチャ(設計)を買って自社でデザインしたCPUをMacに載せていくことになります。

これは既にiPhoneiPadに使ってきたAシリーズの手法と同じで、この経験を活かしてMacにも積めるCPUを作るという試みです。

(多分、macOSiOS寄りになるのもこのせい)

 

この変更は、例えるなら世界有数のフットサル選手(スマホ向けCPU)がサッカー選手(パソコン向けCPU)に転身するようなもので、割とチャレンジングな話です。

ARM社ベースのCPUは各社でカスタマイズする余地があり、最適化や省電力性の高さが売りで、iPhoneのAシリーズやAndroidのSnapdragonシリーズなど、スマホ向けに作られるCPUは大半がこれになります。

一方で、パソコンのCPUは、マルチタスクや高負荷の状況でも、長時間パフォーマンスを発揮するような耐久力が求められるので、今回のApple siliconも、いかにそういったところのケアが出来ているかが鍵でしょう。(まぁ、発表したくらいなのでもうその辺りも見通しは立っているのでしょうが)

 

早ければ今年度中にこの新型CPU搭載のMacが出る噂もあり、どんなものが出てくるのか今から楽しみです。

 

Appleの変革の一歩が見えた発表会

いかがでしたか?

他にもwatchOS等、Appleの各種プロダクトに積まれた OSは軒並みアップデートの発表がありましたが、とりあえずインパクトの大きな三つを取り上げてみました。

全体として、Appleが次のステージを目指していることが感じ取れる講演だったと思います。

 

講演内容が気になった方は下のリンクからどうぞ(英語です)

それではまた( ^_^)/~~~

 

Apple Events - WWDC20 - Apple